Requiems to Fighter's
reqfight.exblog.jp
Top
カテゴリ:Diz弓戦士【装備】( 1 )
|
|
2005年 08月 29日 |
■装備
今までのスキル、ステータスの説明の中でも触れているが密接に関わるのが装備
の選択である。ここではある程度AF等の高度な装備前提で話を進めたいと思う。
余力があればAF以外の構成も検討したい。

まずML導入後及びPub38における、主な内容をトピックとして挙げてみる。

1.主力攻撃の変遷
 ・ML以前のPvPにおける決め手としてはIGが中心であった。ところがML以降マナ消費量
  が少なく、高い効果が得られるLTSが攻撃の中核となった。
 ・上記内容から高マナコストや高マナ回復が以前ほど重宝されなくなった。
  戦闘が長時間に及ぶ場合はマナ回復、マナコストは非常に重要な要素ではあるが、
  戦闘が短時間で決着つくことが多くなり、あまり重要でなくなった。

2.武器性能の依存度合上昇
 ・最近では高マナリーチ、高回避低下、高ダメ、高速度は当たり前の世界。
  防具よりも武器の依存度合が非常に高い。

 ・頭:回避低下メガネ
 ・首:ジャッカル
 ・胴:Bルニ製品、HWルニック製品
 ・腕:Bルニ製品、HWルニック製品
 ・小手:嵐小手、格闘手袋、紫小手等
 ・足:Bルニ製品、HWルニック製品

 これが現在のところ最も理想とする構成と思われる。

・頭
 ML導入以前は黒熊が最も使いやすかったが、MLからは回避低下メガネが主流。
 総抵抗値:65(しかも偏りが少ない)とSTR、DEXステータスアップ、そして武器以外
 には基本的に付加されない回避低下プロパと弓戦士に有効な効果盛りだくさん。
 Pub38でステータスに上限設定が課せられ、かつLTS全盛で命中+効果にさほど
 重要性がなくなった現在、圧倒的に当該アイテムが使い易い。

・首
 Pub38でDEXも150上限が課せられたため以前ほどの重要性はなくなったものの
 ジャッカルが理想。他の部位でDEXが140に到達するなら、スタミナ+、HP+、マナ+
 マナ回復の優先順位ぐらいでプロパが付加されたルニック製品を選ぶと良い。
 ただ、以前にも述べたようにジャッカルの魅力は抵抗値もある。ジャッカル所持者
 なら、DEX依存の部分を、STRなり、INTなりに回せばよいだけの話。

・胴
 ML以前は対人ではIGが決め手であったため、マナコスト-15、マナ+10、マナ回復+3
 と有効なプロパの多かったルンビ胴が推奨であった。
 ところがML以降冒頭で述べたようにこれらのプロパはさほど重要ではなくなった。
 基本的には高プロパ、高抵抗のルニック製品を選択するのがよい。
 優先順位としては首で述べたプロパと同様。勿論他装備との兼ね合いもある。

・腕
 他装備と同様、スタミナ+、HP+、マナ+、マナ回復を重要視してルニック品を選択。
 木製品で更に武器ダメージ等を補えれば言うことはない。

・小手
 以前は嵐小手、格闘手袋、紫小手の3種から選択するのが一般的であった。
 このパーツでダメージ増を獲得するのが基本だったが、HW木製品はダメージ+の
 プロパも期待できる。良いルニック製品があるのならAFよりもそちらを推奨する。

・足
 MLで導入されたFey Leggingsもしくはルニック製品が良い。
 ヴァンプ武士弓などの場合は7周年炎足も良いだろう。
 PvM中心ならルニック製品が良い。PvMにおける弓戦士に回避能力など不要。
 
・アクセサリ
 ステータス+(DEX,STR)、命中+10以上、武器ダメージ+、不足スキル等のプロパ
 が最も良い。PvPの場合は命中+よりも回避+が付加されているものを選択。
 理想は武器、防具、アクセで命中+30%以上、回避+50%以上、武器ダメ90%以上。

私の使用しているリング、ブレスを参考までに掲載
  ・リング:弓+12、DEX+6、INT+6、命中+12、武器ダメ+22
  ・リング:STR+8、命中+11、武器ダメ+23、エネ抵抗+12、毒抵抗+11
  ・ブレス:タク+14、DEX+8、回避+14、武器ダメ+21、冷気抵抗+12
  ・ブレス:DEX+8、命中+14、回避+8、エネ抵抗+9、マナコスト-6
この辺をケースバイケースで使い分けている。

■武器
とりあえず各武器の特徴を記載する。

・エルブンコンポジットボウ
 この弓こそがML以降、弓戦士を最強の座につけているといっても過言ではない。
 1)基礎ダメージは斧すら凌ぐ19-22。
 2)基礎速度は27。コンポジやBowよりも速い。
 3)SPMはどちらかといえばPvMで効果を発揮。
 4)ML序盤のクエスト及び、ボス戦の戦利品で神クラスが市場に。

・マジカルショートボウ
 基礎速度は38。速度+10のプロパでも付けばDEX144で1.25秒振り。
 1)基礎速度38はシミターを振る速度と変らない。
 2)高速のくせに射程は最長(赤矢射程)
 3)SPMはどちらかといえばPvMで効果を発揮。
 4)速度+35以上&魔道-20前半の弓を使った武士盾キャラの追撃武器として凶悪

・コンポジットボウ
 Pub38導入に伴い、IGに35ダメージCAPが設定されたためゴミ武器となった..。
 唯一の使いどころは走り弓であるムービングショットでの追い討ち程度。
 PvMではまだまだ使い勝手は良い。

・和弓
 セカンダリのダブルショットが強力。基礎ダメージはほぼHXBと変らないくせに
 射程は長い。しかも速度はコンポジやBowと同様。
 Pub38以降、かなり注目されている弓。ただ、最近のPvPキャラは弓対策のために
 回避性能を高めているプレイヤーが多いためダブルショットも2発確実にヒットさせる
 事は非常に困難。

・HXB
 SPMのディスマウントとは相変わらず脅威。
 これを主力とした戦いは難しいが、ハイドステルスと組み合わせた弓DMは集団戦
 では特に脅威。

・Bow
 SPMが特徴的。モータルとパラブロウ。SKの指針キャラが使うのが良い。
 やはり有効なのは集団戦。

最近はエルブンコンポジットボウ一拓というのが現状。
速度+35以上、かつ高マナリーチを必須とし、1.25秒振りでLTS連打するのが主流。
ただ、Pub38導入に伴い最速振りのハードルは少々高くなった。

もしくは上記弓で最速振りが厳しい場合はマジカルショートボウでパーフェクションを
ためつつ、和弓のダブルショットで止めをさす戦法も良いだろう。

推奨されるプロパティ
1)速度+
2)マナリーチ
3)回避低下
4)ダメ+
5)命中+

少なくとも上3つのプロパは欲しい。しかも高プロパが欲しいところ。
やはり一番欲しいのは速度+。これがないと弓は値打ち半減。
次点はなんといってもマナリーチ。できれば40以上は欲しいところ。
ダメージ増は他装備との兼ね合い。たとえ+30%程度でも総計として武器ダメージ
90%に達成するように調整可能ならば何も問題ない。
回避低下はあれば非常に有効。特に回避能力を高めたPvPキャラが増えている
現在、これも必須と言えるかも知れない。
LTS以外のSPMを使用するときは、命中+効果は非常に重要。

例として私の武器を紹介しておく。御参考まで。
 ・エルブンコンポジットボウ:(マナリーチ46,回避低下40,命中+15,速度+40,ダメージ+43)
 ・マジカルショートボウ:(速度+10,マナリーチ48,スタミナリーチ44,回避低下38,ダメージ+42,FB48)
 ・コンポジ:(速度+30,マナリーチ40,回避低下40,ダメージ+39,命中+11)
[PR]
ページトップ
The Original by Sun&Moon