Requiems to Fighter's
reqfight.exblog.jp
Top
PvP - 弓戦士【構成】について【Pub38対応】
2005年 08月 29日 |
UOML(以下:ML)以降圧倒的な強さを誇った武士弓戦士。
Pub38が導入後やや弱体化されたものの、まだまだ強力なスキル構成である。

■PvP構成
・弓:115~120
・タク:100~120
・アナ:100~120
・治療:90~100
・武士道:120
・レジ:100~110
・騎士道:55~75

ベースとしては大体こんな感じだろう。ではひとつひとつ私見を述べてみる。

・弓
 最低115。ML導入以前は鹿頭&実スキル100止めも有効であったが現時点では
 この選択肢はほぼないと考えてよい。

 アクセ等で弓スキルを補えるのは確かに理想的ではあるが逆にアクセの幅を狭めて
 しまう結果になりかねない。最終系のようなアクセがあるのなら別だが通常は
 実スキルはMAXまで上げておくのが良いと思う。

・タクティクス
 できれば120欲しい。とはいえ、100も120もさほど大差はないといえば大差は
 ない。しかしながらタクというのは武器の基礎ダメージが大きければ大きいほど
 その効果は如実にあらわれる。その点では弓というのは「基礎ダメージ大」に
 該当する。
 もちろん他スキルとの兼ね合いもあるのでその辺は調整要。ちなみに私は120。

・アナトミー
 100は必須。余裕があればこれも上積みする。
 感覚的にはタクと同じだがダメージ増という意味合いではアナに上積みするよりは
 タクに上積みするほうが良い。私は構成上100。

・治療
 最低90は必須。回復は包帯の回復こそが頼り。
 100で解毒100%になるので本来は100欲しい。また回復量にも影響するので、で
 きれば100を推奨する。Pub38以前はPot+75リング+アルケミブレス(pot+30%)
 等を付けDEX:220、包帯0秒巻きなどという異様な事も可能であった。

・武士道
 これは迷うことなく120。もちろんアクセ等のブーストが見込めるのであれば実スキ
 ルは調整可。表示値では必ず120になるようにしたい。
 武士弓の最大の強みはライトニングストライク(以下:LTS)による貫通攻撃なので
 これを最大限生かせるように120必須。

 Pub38導入後、LTS貫通が35ダメージに上限設定された。
 但し、※乗算ダメージとならない場合はLTS貫通はこれを適用しない。
 この内容が仕様なのかバグなのかは微妙なところ。この内容がバグとしてFIXされ
 るのならば武士道120は微妙なところ。ただ、HP回復手段に乏しい弓戦士としては
 コンフィデンスの回復量にも関わるため現状は120推奨したい。 

・レジ
 最低100は欲しい。確かにこれを削ればいろいろと他スキルの強化が可能だがお
 勧めは出来ない。武士弓キャラは弓忍者のようにハイドステルス等緊急時に隠れ
 る等の行動が出来ない。(インビジアイテム等はあるが)
 またレジなしを見切られると連続パラライズやマナヴァンパイアがくる。
 パラはAPBの素早い反応があればなんとでもなるが、マナヴァンを食らえばオフェ
 ンス面でも無力化されてしまう。
 以下に武器攻撃がメインといえど、マナをからっきしにされては勝ち目はない。
 極端に言えば武士弓というのは常にフィールド上を駆け回るため、すぐにターゲット
 される。なので防御面の弱い武士弓はレジ必須と思って間違いないだろう。
 やや、脱線したが最低100。できれば110。余力があれば120といった感じ。
 
・騎士道
 最低55は欲しい。一番削りたいスキルではあるがコンセク、ディバインの二つは
 良く使う。最低値の55ではコンセクが80%、ディバインは60%の成功率。
 まあなんとかなる..といったところか。
 やはり60は欲しいところ。60あればコンセク90%、ディバイン70%になる。
 推奨は60。もちろん他スキルとの兼ね合いではあるが75以上上げる必要はない。
[PR]
<< 弓戦士【ステータス】について【... ページトップ ブログはじめました >>
The Original by Sun&Moon